地方馬主になるための条件とはかかる費用は?

競馬
この記事は約6分で読めます。

この記事では地方馬主になるための必要な条件とかかる費用について紹介します。

競馬、一口馬主をやっているといつの日か自分が個人所有する馬でレースをしてみたい、そんな風に思うと思います。

私もそのうちの一人です。

JRA馬主より難易度が低い地方馬主のなり方について調べましたのでご覧ください。

地方馬主になる条件

収入

まず馬主になるためには経済的余裕がなくてはいけません。

なのでだれでもなれるというものではありません。

個人で馬主になる条件は所得金が500万円(収入金額ではありません)以上であることです。

収入額で言うとだいたい700万円ほど必要になります。

JRAは所得金額(収入金額ではありません)が、過去2か年いずれも1,700万円以上あること。としているので地方馬主の方が現実味がありますよね。

欠格事由

以下に該当する方はなることができません。

  • 精神の機能の障害により馬を適正に出走させるにあたって必要な認知、判断及び意思疎通を適切に行うことができない者並びに破産者で復権を得ない者
  • 禁錮以上の刑に処せられた者
  • 競馬法、日本中央競馬会法、自転車競技法、小型自動車競走法又はモーターボート競走法の規定に違反して罰金の刑に処せられた者
  • 競馬に関与することを禁止され、又は停止されている者
  • 集団的に、又は常習的に暴力的不法行為その他の罪に当たる違法な行為で暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律施行規則第1条各号に掲げるものを行うおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者
  • 協会の運営委員会の委員
  • 協会の役職員及び地方競馬に関係する地方公共団体の職員
  • 地方競馬に関係する調教師等の厩舎関係者
  • 「2又は3に該当したこと」、「不正の手段により馬主登録を受けたこと」、「馬主登録証等の偽造等を行ったこと」、「自己の所有しない馬につき自己の名義で馬の登録をし、又は出走させたこと」若しくは「自己の所有している馬につき他人の名義で馬の登録をし、又は出走させたこと」により馬主登録を取り消され、その取消しの日から5年を経過しない者
  • 調教師に競走馬を継続的に預託することが困難であると認められる者
    (注)原則として、直近年の所得金額が500万円(法人にあっては、法人の代表者についても同様とし、組合にあっては、組合員各々について300万円)に満たない者。また、法人にあっては、過去2か年の決算が赤字となっている者又は直近決算の貸借対照表において債務超過となっている者についても本号に該当する者として取り扱います。
  • 住民基本台帳に記載されていない者
    (注)日本国外に居住しており住民基本台帳に記載されていない者であっても、海外の競馬統括機関で馬主登録を受けている者であれば、個人馬主登録が可能です(本邦外居住馬主)。通常の馬主登録申請とは異なる点が多々ありますので、事前に当協会登録課までお問い合わせください。
  • 二十歳未満の者
  • ブックメーカーやインターネット賭事業者など、国内で開催されている競馬を賭けの対象とする可能性のある事業を運営又は従事する者又はこうした業者と業務上の関連を有する者
  • 限定した会員に有料で競馬予想情報を提供する事業(いわゆる「会員制競馬予想業」)を運営又は従事する者又はこうした業者と業務上の関連を有する者
  • 1~14のほか、競馬の公正を害するおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者
    (注1)2~5、8に該当する者と同一戸籍にあるか生計を一にしており、当該事由該当者から競馬の公正確保上悪影響を受ける恐れがあると認められる者は、本号に該当する者として取り扱います。
    (注2)中央競馬に関係する調教師等の厩舎関係者、及びこれらの者と同一戸籍又は生計を一にしている者も、本号に該当する者として取り扱います。
  • 法人で、その役員(いかなる名称によるかを問わず役員と同等以上の職権又は支配力を有する者を含む。)のうち、1~9、11、13~15のいずれかに該当する者のあるもの
  • 法人で、その法人の払込済資本金又は履行済出資の総額が300万円未満であるもの
  • その法人の事業目的として、競走馬を保有し、競走に出走させること(競馬事業)を定款に明示してないもの(軽種馬の生産又は育成を事業目的としている法人を除く)
  • 組合で組合契約(協会指定の内容を含む契約)を締結していないもの
  • 組合でその組合員のうちに法人又は1~9、11~15のいずれかに該当する者のあるもの
地方競馬情報サイトKEIBA.GO.JPより引用

かかる費用

馬の購入

まず馬の購入代金がかかります。

購入方法としてはトレーニングセールサラブレッドオークションやほかの馬主から購入するのが一般的です。

サラブレッドオークションでは安い馬だと50万円ほどで購入することも可能です。

種類も育成馬現役競走馬【中央競馬登録抹消_2歳・3歳】現役競走馬【地方競馬在籍_2歳・3歳】繫殖牝馬など様々です。

サラブレッド1歳市場では平均1,236万円だそうです。

馬の維持費

馬の維持費には馬を調教し、飼育するための厩舎預託費用がかかります。これには馬の餌代トレーニング費用厩舎のレンタル料などが含まれます。

預託料は厩舎によって異なりますが1頭1か月35万円程度です。

馬主協会の会費

馬主協会は色々と特典があるので会員になるのが無難です。

必ずしも必要ではありません。

協会により費用は異なります。

例として東京都馬主協会の会費は

入会金:20万円

年会費:5万円

です。

馬の保険料

こちらは保険金額により保険料は変わりますが株式会社ジェイエスによると、

育成馬の場合1000万円で32万円だそうです。

まとめ

馬の購入にかかる費用:

  1. 購入代金: 馬を購入するために支払う金額。購入方法によって異なり、サラブレッドオークションでは50万円から始まり、サラブレッド1歳市場では平均1,236万円とも言われています。
  2. 馬の種類: 購入する馬の種類によって価格が変動します。種類には育成馬、現役競走馬(中央競馬登録抹消_2歳・3歳)、現役競走馬(地方競馬在籍_2歳・3歳)、繁殖牝馬などがあります。

馬の維持費:

  1. 預託料: 馬を調教し、飼育するための厩舎預託費用。1頭1か月あたり約35万円程度になります。
  2. 餌代: 馬の食事にかかる費用。
  3. トレーニング費用: 馬のトレーニングや調教に関連する費用。
  4. 厩舎のレンタル料: 馬を預ける厩舎の料金。

馬主協会の会費:

  • 馬主協会に加入することで様々な特典を受けることができますが、必須ではありません。会費は協会によって異なり、例えば東京都馬主協会の場合は次の通りです。
    • 入会金: 20万円
    • 年会費: 5万円

馬の保険料:

  • 馬の保険料は保険金額に応じて変動します。育成馬の場合、1000万円の保険金額で32万円とされています。
どうにかこうにか

作者:どうにかこうにか
年齢:24歳
職業:システムエンジニア
競馬歴:2年

当ブログは私が実践したことを共有するというのがテーマです。

やりたくても勇気がでない、二の足を踏んでしまう私の背中を押す目的で始めました。

趣味は競馬、一口馬主です。
競馬は2021年天皇賞秋、エフフォーリア、コントレイル、グランアレグリアで三連複を的中させたことで大はまりしました。そこから競馬をしていき馬主クラブの存在を知り一口馬主にも興味が湧きました。
2023年からシルクホースクラブ、DMMバヌーシー、広尾サラブレッド俱楽部に入会をし一口馬主を始めました。

競馬歴、一口馬主歴もまだまだ浅いですが読者の皆様と成長、また成長を見守っていただけると幸いです。

twitter(X)では週末に競馬予想を無料で投稿しているのでフォローお願いします。

どうにかこうにかをフォローする
競馬
どうにかこうにかやっていこう